総量規制外ローンで即日融資

消費者がお金を借りられるサービスとしては消費者金融のキャッシングや信販会社のクレジットカードなどがありますが、これらのサービスを提供しているのは貸金業と呼ばれる業態の会社です。このような貸金業者からの借入に関しては法律によって借入のできる金額が規制されています。この法律では消費者は自分の年収の3分の1を超える借入はすることができない決まりになっています。これはキャッシングなどによって多重債務者が増加したことから、それを抑制する目的として施行されるようになったのです。また、総量規制は貸金業者からの借入額を一社ごとに計算をするのではなく、貸金業者からの借入額を合算することになります。そのため、すでに消費者金融などから年収の3分の1近い金額の借入をしている人の場合、新たにキャッシングやクレジットカードを利用してお金を借入れることができないケースというのもあるのです。
もしも、消費者金融などからの借入額が総量規制による借入上限に引っ掛かってしまいそうなときには、総量規制外のサービスを利用して新たにお金を借入れることも可能です。たとえば、銀行のカードローンがあります。銀行のカードローンは消費者金融のキャッシングとは違い、総量規制外のローンとなっています。そのため、自分の収入がないと契約をすることのできない消費者金融のキャッシングや信販会社のクレジットカードとは違って、銀行ならばキャッシングの審査に通らなかった人であっても審査に通る可能性があるのです。

Comments are closed