国や自治体からお金を借りる公的融資制度

海外に比べ、日本社会では起業数が少ないという点が注目されるケースが多く見られます。基本的にリスクを抑える国民性もあいまり、データを見ても確かに起業数は少ないようです。何せ、調査によっては起業後、3年間生き残れる企業は10%程度だそうですから、それも当然でしょう。一方で、100年以上続く老舗企業の数は、世界的に見ても圧倒的に日本は多い構造になっています。現存する最古の起業も、実は日本にあります。長く続く企業はしかし、過去のやり方に囚われ、中々新たな社会の動きに追従できない場合があります。それを助けるのが国や自治体の公的融資制度です。これはお金を借りる時に、ある一定の条件を満たせば、ごく低い金利や、無金利での融資を受けることが出来る制度です。例えば、昨今製造業の分野で叫ばれるモノのインターネット化に対し、これを実現しうるシステムの導入であればお金を借りるときに制度が利用できる、といった具合です。企業がお金を使うにもタイミングがあり、これを逃せば社会の流れに取り残されジリ貧になってしまいますし、早すぎれば過剰投資で資金を無駄にしてしまいます。これに対し、制度を設定することで簡単にお金を借りることが出来るようにすることで、定期的に投資をすることでその気魚の活性化はもちろん、取引先や関連企業への波及効果による景気刺激までをもくろむことが出来るのです。有利な条件でお金を借りる制度ひとつで、経済に対し非常に効果的な刺激を与えうる制度だといえるでしょう。

Comments are closed