利用した日数分の利息を支払う

カードローンなどで、利息の負担を軽減する方法としては、約定返済日を待たずに返済してしまうことでしょう。利用した日数分だけの利息を支払うローンを選んでおくと、早く返してしまうことによってその分の利息を抑えることができるのです。

利用金額によっては、繰り上げ一括返済してしまうことが難しい場合もあるかもしれません。そんな際も、一部でもよいから手元に余裕があれば返済してしまうようにすれば、利息を少しでも減らせるわけです。元利定額返済方式のローンなら、返済当初なかなか借入残高が減っていると感じることができません。随時返済を積極的にしていくと、元金も減らすことができますので、返済に対する意欲も保ちやすいのです。

利息を軽減しやすいローンを選びたいのなら、利用した分しか利息がかからないローンであることと同じように、いつでも返済しやすいローンを選ぶことも大切です。返済方法がたくさんあると、返済しやすいという部分も確かにあります。ATMの前を通りかかったから返してしまおう、という方法や、ネットバンキングなどを利用して思い立った時に返済してしまうという方法など、その時々に応じて選べると確かに便利ではあります。しかし、自分が一定の返済方法しか利用しないということが明確になっていれば、限定されているローンでも特に問題はありません。自分の返済ではどうすることが多いのか、という予定を立てておくと、ローンを選びやすくなるでしょう。

また、随時返済時に手数料がかからないかどうかということも確認しましょう。住宅ローンとは違って、繰り上げ返済時に手数料がかからないカードローンは確かに多いのですが、確認が必要です。また、ATM返済や振り込み返済などをするなら、ATM利用手数料や振り込み手数料がかかることもありますので、こちらも確かめておきましょう。

利息を減らすつもりで随時返済をしたつもりが、手間がかかりすぎた、手数料がかかって減らした利息と差がない、下手をしたら利息を上回ってしまった、といったことになっては全く無駄になってしまいます。約定返済以外の返済方法がどのようになっているのかは、申し込み前に必ずチェックが必要です。
サラ金の金利比較ランキング【即日融資も可能】おすすめ大手4社サラ金はこちら

Comments are closed